スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出直し。生きる所から。

久々の更新となりました。
しばらく放置していて、すみません。

実は身体を壊していました。
もう1年くらい、身体はおかしかったんですが、とうとう動けなくなってしまいました。


先月、2週間ほど風邪と急性副鼻腔炎で完全に倒れていました。

その症状が治った後も、身体の調子は非常に悪く。。。
現在の状況として、
立ち仕事を2時間ほどするだけで、めまい、呼吸の乱れ、手足のしびれが発症してしまいます。
立ち仕事でなくても、呼吸の息苦しさや手足のしびれが不定期に発症します。
これがここ1ヶ月ではほぼ毎日です。

身体の異常な疲労感はもう1年くらい続いていて、寝ても休んでもこの疲労感が抜けません。
ここ半年は、頭も常にぼーっとしていて、思考スピードが落ちている実感もありました。


さすがに病院で診てもらいました。
まず『過喚起症候群』が毎日出てるようで。
それから、疲労感については、血液検査に異常が無かったことから、
『慢性疲労症候群』かもね、とのこと。
詳しい診断は、また別の科で見てもらわないとわからないかもしれません。
どちらにしろ、自律神経の不具合からくる病気のようです。

まともに働けない身体にどんどんなっていくのが、本当に辛い。


そしてもうひとつ。
左下腹部に鈍痛があったので、そちらも診てもらいました。
『精索静脈瘤』という病気だそうです。
手術しないと治らない病気なんですが…手術費用がもうどうにもならない…。


正直参ってます。
言ってもどうにもならない事ですが、
なんで親父の借金で俺が、ひいては家族がこんなにも苦しまなあかんねん、と。

現在の僕は、あまり良い精神状態を保てていません。
絵の活動の事を考えると、ストレスになってしまい、自律神経の方の症状が酷くなってしまうので、もう考えないようにしています。


もう正常に生きる所から取り戻さねばならなくなりました。
受注の絵のお仕事だけは続けようと思いますが、
自ら表立った創作活動や出展活動は、しばらくできません。

生きる所から、です。


必ず戻ってくる、とは、今の精神状態では言えませんが、
戻ってこれるようにやってみます。


でももう頑張りません。
これ以上は頑張れません。


のらりくらり、目の前の事だけでしばらく生きます。


前向きに頑張っている皆さんには、あまり気持ちのよい内容では
無かったと思います。すみません。




現在進行形の絵のお仕事があるので、それらの更新はできると思います。


あとは、どれくらい時間がかかるかはまだ不明ですが、きちんと生きられる身体と、体制を手に入れること。
これをしないと、また身体を壊すでしょうから。


今のところ、暗闇しか見えませんが、
まあ、何とか、生き延びてみます。



再び野望を自信過剰に語れる所まで、復活したいですね。笑




それでは、失礼します。
スポンサーサイト
プロフィール

AOTO(青徒愬良)

Author:AOTO(青徒愬良)
漫画描き・絵描きのAOTO(漫画P.N.青徒愬良)です。

手描きを主に絵を描いております。
絵のお仕事も承っております。

お問い合わせはメールアドレス
aoto_sakuyoshi@yahoo.co.jp
にてどうぞ!

《Twitter》
@sakuyoshiaoto
↑漫画用(シーザノケ)アカウント

@aoto_sakuyoshi
↑私用・全般アカウント

《FBページ》
https://www.facebook.com/aotosakuyoshi/



《略歴》
1987生
2006 名古屋コミュニケーションアート
    専門学校プロマンガコース入学
2010 講談社月刊少年ライバルに持ち
    込み
    持込作品『嘘つきアザム』にて
    月例賞奨励賞、
    コミック大賞佳作を受賞
2012 次作『シーザノケ』にて
    月例賞入選、
    コミック大賞佳作を受賞
2014 イラスト総合クリエーターAOTO 開業
2017 シーザノケepisode.2の本格制作を開始!



下のアルバムに絵が置いてあります。
そちらもどうぞご覧くださいませ。



現在、フリーランスのイラストレーターとして活動しながら、新たな表現媒体による漫画を構想し、発表に向けて制作・活動中です。

最新記事
アルバム
無断での転載・使用は禁じます。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。