【企画】『嘘つきアザム』1日4P配信 《Twitterにて》

ツイッターの方で、漫画配信のプチ企画をやります。

============================================================================================
【企画】
青徒漫画作品『嘘つきアザム』(全51P)
1日4P配信。

https://twitter.com/aoto_sakuyoshi
↑こちらからツイッターでご覧いただけます。


アザム配信用 ブログ用

==========================================================================================


6年前、22歳の時の作品ですので、とっても拙く、少々赤面しそうですが(笑)、
絵やデザイン・構図などはこの頃から自信をもってやっていました。

たいしたものでは無いですが、暇つぶしに見てくださる方はどうぞ。
スポンサーサイト

ちょっと大事なこと

19歳の頃くらいからだろうか。

自分が住んでいる『世界』と、周りの人が住んでいる『世界』が違って見え始めたのは。

周りの人々はみな、同じ地上に居ながらにして、遥か天空の幸せの国にいる人々の様に見えていた。

両親のお金で不自由なく学校に行かせてもらう人たち、
美味しいものを食べるお金があり、
旅行に行けるお金があり、
欲しいものを買うお金があり、
この人達に不自由なものってあるんだろうか?と思っていた。


僕は18の頃から、借金地獄をつくった父親からお金を吸い上げられていたので、
美味い外食も、
楽しい旅行も、
服を買う事も出来ず、

ただとにかく夢の為、

漫画家への道を切り開く為に、稼いだお金はほぼ上京用の貯金の為だけにあてていた。

たまに好きなロック・メタルのCDを買うくらい。

後は負債の返済だった。


しかしその貯金すら2年前に全て吹っ飛び、漫画家への希望は断たれ、
ただただ何もなくなった自分が潰れてしまわない為にイラスト総合クリエーターとして起業した訳だけど、
マイナスからのスタートだった為、働きすぎのお金無さすぎで今年の4月には身体が壊れてとうとう破綻。

二週間もベッドから立ち上がる事も出来なかったあの時は、本当に「俺のいのちは終わった」と思った。



そこから4ヶ月半が経ち、いくつかの持病持ちになってしまったし、以前のようなレベルで日々の仕事や活動が出来なくなってしまったけど……

この4ヶ月半の間に、
僕を心配し、励ましてくれたある二人が居る。

その二人は、僕が見上げていた『遥か天空の幸せの国』に居る人達ではなかった。

僕なんかよりさらに苦しい人生を生き、現在進行系で困難に立ち向かい続けている人だった。

何もかも手にして、幸せそうで余裕のある人ではなく、
自分の方こそ今にもはち切れてしまいそうな苦しみと戦っている人だった。


「あなたの方が大変だろう」と、こちらが言いたくなる人が、心から心配してくれたのである。





俺は金持ちになりたいと思っていた。

ひたすら金に困る人生を生きてきたから、
同じように金に困る人々を助けられるように、
金持ちになりたいと思っていた。


しかしこの度ふと思った。

自分もあの「天空の幸せな国の人」になった時、果たして本当に苦しんでいる人に手を差し延べられるだろうか、と。


自分も「天空の幸せの国の人」になったら、同じ国の仲間にしか目がいかなくなり、かつていた苦しみの世界の方なんて見なくなるのではないか…と。

そりゃそうだ、せっかく「幸せの国」に昇格したのだから、「幸せの国」で出来る事をあます事なくやりたくなるはずだ。

美味い飯を食い、
旅行に行き、
毎シーズン服を買い、
欲しいものをみーんな手に入れて、
満足した生活をしたい。

それで、余ったお金で人助け。



…そりゃあきっと無理なんだよね。

満たし始めりゃキリは無い。

多分、余らないんだよ。

「余るようにもっと頑張ろう!」って言ってる間に、一生が終わる。


それって、極貧の今と対して変わらないんだよね。


だから思った。

極貧の今でも出来る事はすべきなんだと。

余裕なんてなくたって、余った金なんて無くたって、俺を心配してくれたあの二人。

あの二人の生き方は凄い。
あの二人の心は美しい。



まかり間違って沢山稼げたら、そりゃもちろん当初思い描いていたような人助けの為に使えたら最高だけど、

自分は別に、あの見上げ続けた「遥か天空の幸せの国の人」になる必要は無いのかもしれない、と思った。


わかんないよ、金持ったら豹変するかもしれん。

あまりにも欲求が叶わない人生を送ってきてるから、大爆発するかもしれん。


ただ、キレイごとかもしれないけど、
28歳の今こう思った事を、
この先も忘れずに生きて行けたら良いな、とは思った。



今、凄く凄く苦しんでいる人に、今出来る事をしたい。

それがとても小さい事でも。

たった一通のメッセージでも、それがあれだけの励みになるのだから。



おわり。

ネーム描き描き


ネーム20150904 ブログ用



久々にネーム描いてました。
躍動感のあるコマ割りを描けて満足。

ちょっとずつですがシーザノケの続きつくってます。
1巻買ってくれた人、読んでくれた人の為に描いてます。
もとい、自分の創作欲を満たす為でもあるけど。



ネーム201509042 ブログ用



もうね、リミッター完全に外して、
漫画における制約とか完全無視して、
僕がやりたい漫画をアートとしてつくります。

何年かけてでも。

それが、死にかけて、本物の絶望を味わった後の答え。

別にもう、成功しようとか思わない。



これをやりきって死ぬ。そういう気持ちです。
逆に言えば、これだけはやりきらないと死ねない、ってこと。


どこまでやりきれるか、楽しみ。



ネーム201509043
プロフィール

AOTO(青徒愬良)

Author:AOTO(青徒愬良)
漫画描き・絵描きのAOTO(漫画P.N.青徒愬良)です。

手描きを主に絵を描いております。
絵のお仕事も承っております。

お問い合わせはメールアドレス
aoto_sakuyoshi@yahoo.co.jp
にてどうぞ!

《Twitter》
@sakuyoshiaoto
↑漫画用(シーザノケ)アカウント

@aoto_sakuyoshi
↑私用・全般アカウント

《FBページ》
https://www.facebook.com/aotosakuyoshi/



《略歴》
1987生
2006 名古屋コミュニケーションアート
    専門学校プロマンガコース入学
2010 講談社月刊少年ライバルに持ち
    込み
    持込作品『嘘つきアザム』にて
    月例賞奨励賞、
    コミック大賞佳作を受賞
2012 次作『シーザノケ』にて
    月例賞入選、
    コミック大賞佳作を受賞
2014 イラスト総合クリエーターAOTO 開業
2017 シーザノケepisode.2の本格制作を開始!



下のアルバムに絵が置いてあります。
そちらもどうぞご覧くださいませ。



現在、フリーランスのイラストレーターとして活動しながら、新たな表現媒体による漫画を構想し、発表に向けて制作・活動中です。

最新記事
アルバム
無断での転載・使用は禁じます。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR