今日の昼間、5秒くらいの間の僕の脳内。

最近哲学をしていない、と、今日ふと思った。
僕は21歳くらいの時に、自分の核になる哲学がだいたい完成した。
以降、その哲学に沿って、というか、それのおかげでブレずに生きてこれている。
10歳くらいの頃から、21歳まで、ひたすら考えていたわけですな。
人間とは何ぞや、どう生きるのが美しいんか、愛とは何ぞや、正しさとは?、などなど。
考えてみると、その11年というのは、精神的に苦しい期間だったように思う。
それ以降の27歳の今日に至るまで6年間、精神的に辛い、というのは失恋以外にはさほど無かったように思う。
(失恋だけは、まあ、きつい。笑 なんか種類が違う。笑)
発狂しそうになった事は何度かあるけど、そういうのを2日以上引きずったことは無かった。多分。
しかしその6年間に何があったかというと、精神的な辛さではなく、物理的なキツさだった。
これはまじで精神鍛わらず大人になってたら、多分うつモノ。笑
生半可な人生は一切送っていない自信はある。
そう振り返ってみると、僕のここまでの人生は基本的に「辛い・キツい」の塊のような人生だ。客観的に見てね。笑 僕本人は別に悲観してないからね。笑
まあ、だから去年の11月に起業した際に僕は決めた訳である。
「このクソみたいな26年間を絶対に返上してやる!」と。
27歳をまたいでしまったので、27年間になるのだけど。笑
以来、唱えるようにして日々自分に言い聞かせている。
素敵な人たちに沢山出会ってきたし、僕は奇跡も沢山経験しているから、ホントは「クソみたいな」なんて言っちゃいけないんだと思うのだけど、
この文明先進国日本において、なかなか底辺の人生を続けざるを得ない状況が27年続いているこの運命を、
決して手放しに肯定するわけにはいかないのである。
なぜなら、僕はまだ、僕の手で人々を幸せに出来るちからを持っていないからだ。
自分の事で精一杯。そんな人生をこれ以上続ける訳にはいかない。
僕に出会ってくれた沢山の素敵な人々、僕に救いの手を差し伸べてくれた方々、
その人たちに恩返しを、その人たちに幸せを届けられるようになれなければ、
俺の人生は本当にクソのまま終わる。
しんどい家に生まれた。
でも、だからこそ自分がこの家を救わなきゃ。
そうも思っている。
正直、もう少し楽な家に生まれていたら、やりたい事をもっとトントン拍子で出来ていたんじゃないかって思ったりも、確かにある。
弟の学費肩代わりしたりとか、わりとホントきついんだぜ。笑
ここで話すような事じゃないから書かないけど、他にもしんどい事はよりどりみどり。笑笑
けれど、
どんな状況になろうと、
僕は絵描き・漫画描きとしての人生を諦める訳にはいかない。
だから、実家含め全財産が飛びかけた時に、起業を選んだのだ。
苦しむなら、絵描きとして苦しんで、そこで得たモノを全部漫画につぎ込んでやる・・・ってね。
それしか俺にはできん。
・・・哲学の話からこんな所まで来てしまった。笑

せっかくブログも始めたんだし、たまにはこういうのも書いてみた方がいいのかな?なんて気がして書いてみたぞ。笑
今日の昼間に5秒くらいの間に頭をよぎったことを文字にしてみた。
(文字にするとこんななげー事を、数秒で感じてるって、脳ってすごいね。笑)
別に何が言いたいっていう目的があって書いた訳でもないけど・・・

とりあえず頑張ってるみなさん、一緒にがんばろうぜ!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AOTO(青徒愬良)

Author:AOTO(青徒愬良)
漫画描き・絵描きのAOTO(漫画P.N.青徒愬良)です。

手描きを主に絵を描いております。
絵のお仕事も承っております。

お問い合わせはメールアドレス
aoto_sakuyoshi@yahoo.co.jp
にてどうぞ!

《Twitter》
@sakuyoshiaoto
↑漫画用(シーザノケ)アカウント

@aoto_sakuyoshi
↑私用・全般アカウント

《FBページ》
https://www.facebook.com/aotosakuyoshi/



《略歴》
1987生
2006 名古屋コミュニケーションアート
    専門学校プロマンガコース入学
2010 講談社月刊少年ライバルに持ち
    込み
    持込作品『嘘つきアザム』にて
    月例賞奨励賞、
    コミック大賞佳作を受賞
2012 次作『シーザノケ』にて
    月例賞入選、
    コミック大賞佳作を受賞
2014 イラスト総合クリエーターAOTO 開業
2017 シーザノケepisode.2の本格制作を開始!



下のアルバムに絵が置いてあります。
そちらもどうぞご覧くださいませ。



現在、フリーランスのイラストレーターとして活動しながら、新たな表現媒体による漫画を構想し、発表に向けて制作・活動中です。

最新記事
アルバム
無断での転載・使用は禁じます。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR